台風が来ました。(台風と低気圧と動物の体調の関係)

[2012年06月20日]

今年は台風が来るのが早いですね。

雨が降ると古傷が痛くなるなんて言いますが、実際に気圧の変化で体調が変化しやすいので注意して下さい。

低気圧と体調はどのような関係があるのか?そしてそのメカニズムとはどういう物なのか?

少し調べてみました。ご参考になれば幸いです。

低気圧は少なくとも、心臓病、 喘息・神経痛・頭痛・リュウマチ・メニエール病・胆石・尿管結石・陣痛に関係があるようです。

メカニズムとしては(大まかにですが)・・・気圧低下→耳の中の内耳が気圧低下を察知。→自律神経を刺激し交感神経の活動が優位に。→ヒスタミンの分泌を促進→血管収縮などを引き起こし組織のむくみや痛みの発現等の症状が発現する。


実際にメニエール病では大規模な調査が行われ、その関係が確かめられたそうです。

また広島県医師会では興味深い予報がされています。心筋梗塞・脳卒中予報です。HPはここ

動物も気圧の変化と体調には関係があると考えられています。これからの季節要注意です。

具体的事例に関してはこちらをご覧下さい。「台風が来ましたね!気圧の変化と胃捻転拡張症候群の関係について

ご来院の際は雨や突風に気をつけて下さい。

<参考文献・HP>

天候・天気が悪くなると体調も悪くなる??メニエール病と天候・気圧変化を考える

http://www.geocities.jp/rascal_fh/M-kiatu-1.html

川島治:医療瓦版、第九回 、気象病について

<臨時休診のお知らせ>

7月7日 獣医がん学会

7月24-30日 第7回世界獣医皮膚科会議(WCVD7)

に参加するため休診とさせて頂きます。申し訳ございません。

夜間緊急対応 日曜祝日診察 日進市 アニウェル犬と猫の病院 渡邉でした。