当院の循環器科について

獣医療の進歩に伴い動物も高齢化が進んでいます、高齢化によって今までは表面化していなかった病気が認められるようになりました。その一端として人間と同様に心臓病が増えています。犬・猫が亡くなる原因として、心臓病はガンと共に「3大死因」の1つになっています。 当院では、僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症など、循環器症状・疾患について診療を行っております。

代表的な症例

僧帽弁閉鎖不全症
動脈管開存症(PDA) 心筋症
心タンポナーデ
フィラリア症

よくある症例と原因について

僧帽弁閉鎖不全症

原因と症状

僧帽弁閉鎖不全は老齢の小型犬での発症が多い病気です。 この病気は、僧帽弁という弁が心臓の左心房と左心室の間にあり、血液を送り出すために開いたり閉じたりしてポンプ機能の一員を担っています。この僧帽弁がなんらかの原因で変性してしまうことにより、弁の機能障害が生じ心臓の血液を送り出す機能が落ちてしまう病気です。
初期では無症状が多いですが、進行すると喉につっかえるような咳をしたり、激しい運動や興奮時に倒れてしまったりします。さらに重症になると肺に水が溜まってしまう「肺水腫」を起こし呼吸困難から死に至る場合もあります。肺水腫になると入院での集中的な治療管理が必要となります。

多い犬種

マルチーズ
ヨークシャー・テリア
シーズー
キャバリア
チワワ など

治療法

外科手術と内服薬による治療があります。手術の場合は高度な技術と設備を要するため二次診療病院へ紹介という形になります。投薬による治療は症状、進行を抑える事を目的とした治療になります。一生涯に渡る投薬が必要で病気の進行に伴い使用する内服薬も複数となることがほとんどです。早期発見し可能な限り進行を抑えていく事が重要となります。また、人間と同じように日常生活に於ける食生活は心臓に大きく影響してきます。心臓に配慮した療法食は治療の一役を買ってくれるでしょう。

動脈管開存症(PDA)

原因と症状

動脈管とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに、肺動脈から大動脈への抜け道になっている血管のことを呼びます。出生後は不要となるため、通常は生後2~3日で完全に閉じますが、何らかの理由によって残ってしまう病気が動脈管開存症です。遺伝又は妊娠中に疾患を持ってしまった事が原因となります。初期では無症状も珍しくありませんが、進行すると、咳き込んだり、疲れやすくなったり、呼吸障害によるチアノーゼ(酸素不足で舌が紫色に見える)が見られるようになります。発育が悪いのも特徴です。

多い犬種

プードル
ミニチュア・ダックスフンド
ポメラニアン
マルチーズ
コリー
シェトランド・シープドッグ など

治療法

根本的な治療は外科手術になります。手術により動脈管を閉鎖することで生涯投薬等必要がなくなります。しかし状態が末期の場合は外科手術は不適応とされています。 根本的な治療ではありませんが、外科手術前の状態の安定化や心臓の状態改善のために、内服薬などによる治療も行われることがあります。

心筋症

原因と症状

心筋(心臓を構成する筋肉)が何らかの原因により、通常の厚みよりも太くなったり薄くなったりする事により心臓の働きが弱くなり、体に血液を送るポンプとしての機能が低下する病気です。原因は免疫異常や遺伝子の変異、筋肉の収縮に関わるタンパク質の変性などが疑われていますが、まだはっきりと分かっていません。
病態は大きく分けると「拡張型心筋症」と「肥大型心筋症」に分けられます。症状は多彩で、疲れやすい、元気消失、食欲低下、体重の減少、運動を嫌がる、などの症状がみられ、ひどくなると肺に水が貯まる肺水腫や呼吸困難を引き起こすこともあります。

多い犬種

ドーベルマン
グレート・デン
ボクサー
セント・バーナード
コッカ―スパニエル など

治療法

「拡張型心筋症」と「肥大型心筋症」 いずれの心筋症においても、心臓の働きを助けてあげるため、症状に応じた薬剤を用いて治療を行います。日常生活では激しい運動を避け、塩分を摂りすぎないように心臓病用の療法食を利用することにより、心臓への負担を減らすことが大切です。

心タンポナーデ

原因と症状

心臓を保護している心膜という膜と心臓の間にある空間を心膜腔と言います。心膜腔は心嚢水と呼ばれる液体に満たされています。心嚢水は心臓が滑らかに拡張、収縮できるようにする働きがあります。その心嚢水が大量に心膜腔に溜まった状態を心嚢液貯留といい、心膜腔の内圧が上がってしまいます。心膜腔の内圧上昇は、心臓を外から押さえつける形になり心臓の動きが制限され症状が発現します。症状は、血圧が低下することによる傾眠(常に眠そうにしている)や虚脱、元気消失、食欲不振、咳といった症状が見られます。 原因は心臓に発生する腫瘍(血管肉腫・大動脈小体腫瘍・リンパ腫)や心膜感染、特発性心嚢水貯留等が考えられます。

多い犬種

ゴールデン・レトリーバー
ジャーマン・シェパード など

治療法

心嚢液を除去することが治療となります。胸から針を刺して心嚢液を除去する処置(心膜穿刺)を行います。一時的に心臓の圧迫が解除され症状は改善しますが、心臓腫瘍が原因の場合には繰り返し心タンポナーデを発症する場合があり、その際には手術で心臓を包んでいる心膜を切除すること(心膜切除)を検討します。

フィラリア症(犬糸状虫症)

原因と症状

蚊によって運ばれるフィラリアという寄生虫が犬の心臓にある肺動脈に寄生することで、心臓の機能障害が起こる病気です。原因は蚊がフィラリアに感染している犬や猫からフィラリアの幼虫が入った血液を吸い、感染していない犬や猫の血を吸うときに感染させてしまうことによります。症状は元気や食欲の消失、咳、呼吸障害、おなかに水がたまる(腹水)などがみられます。

猫の場合は犬よりもフィラリアによる反応が強く出る傾向にあります。主に肺に急性炎症を起こし(犬糸条虫随伴呼吸器疾患)、咳、呼吸困難、嘔吐などの症状がでたときは危険な状態に陥っていることが殆どで、調子が悪くなったと思ったら死亡してしまうことも珍しくなく、突然死の原因にもあげられます。 フィラリアは定期的な投薬にて予防できる病気です。きちんと毎年予防をしましょう。

多い犬種

全ての犬種、猫種でリスクがあります。

治療法

フィラリアは完治することが難しいため、予防をしっかりとすることを強くお勧めします。 治療は、犬の年齢、寄生状況などを注意深く診察してから、その子に合わせた治療または処置にて対応します。一般的に外科的な摘出手術、フィラリアを駆除する薬剤を使った治療、予防薬の長期投与、の3通りの治療法がありますが、どの治療もすべてリスクと隣り合わせです。

また、もしフィラリアが寄生した状態で予防薬を投与してしまうと、激しいアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を引き起こしたり、死んだ虫が肺の細い血管に詰まってしまうことがあるので大変危険です。毎シーズン予防薬の投薬を始める際には必ず獣医師の診察とフィラリア検査を受けましょう。

その他の診療科目