大型犬の汎骨炎について(イヌのはんこつえん)①

[2013年10月15日]

7ヶ月齢のグレートピレニーズのワンちゃんが歩き方がおかしいということで来院されました。

「右前足を痛がっているような感じがする。」というお話でした。

実際に歩いてもらうと、確かに「びっこ」を引いています。

しかし、左前足に痛みがあるような感じがしました。

四肢を触ってみてもあまり痛みは無いようです。

念のために四肢のレントゲン検査をすると異常像が確認出来ました。

汎骨炎のレントゲン画像です。

汎骨炎のレントゲン画像です。

一本の骨で色が薄いところと濃いところが確認出来ます。

年齢と症状から「汎骨炎」という病気を疑いました。

再び、骨を触るように触診してみると痛みを誘発します。

汎骨炎は育ち盛りのワンちゃんに見られる病気です。

飼い主さんのお話の「右前足を痛がる。」と病院での「左前足に痛み?」と痛い場所や患足が異なる事もよくある所見です。

治癒には比較的時間がかかります。(診断した獣医さんを信じてくださいね。)しかし、ほとんどの場合回復しますのでご安心下さい。

次回は汎骨炎についてまとめてみます。

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。