子供のプール熱(咽頭結膜熱)は犬や猫等のペットにうつるか?

[2014年08月10日]

夏になるとよく聞かれる質問があります。

「子供がプール熱になってしまったんだけれど、ペットにはうつることはあるんでしょうか?」というものです。


ご安心ください。人には感染しません。

プール熱(咽頭結膜熱)は「アデノウイルス」というウイルスが水を介して結膜から侵入して感染することにより発症する病気です。

人と人の間でのみ感染が成立します。

「アデノウイルス」と聞くと、勤勉な飼い主ならワンちゃんの予防接種にも含まれているものと気づかれるでしょう。

予防接種に含まれている「犬伝染性肝炎」と「犬伝染性咽頭気管炎」という病気ははそれぞれアデノウイルス1型と2型が関与しています。

(後者は人の咽頭結膜熱に名前が似ていますね。同じ系列のウイルスで有ることが伺われます。)

アデノウイルスにはたくさんの型があります。人には人の。犬には犬のアデノウイルスがあり、その種類の動物しか感染力がありません。

しかし、人にも動物にも感染するウイルスもあります。

例えば、狂犬病ウイルスやエボラ出血熱等。

人にも動物にも感染する病気を人獣共通感染症(ズーノーシス)と言います。

アデノウイルスと同様に、いわゆる風邪も種特異性があり異なる種には感染しませんのでご安心下さい。

とは言っても、口移しや濃厚な接触はズーノーシスの可能性を高めますのでご注意下さい。

★口移しは「カプノサイトファーガ・カニモルサス」というワンちゃんやネコちゃんの口の中に普通にいる細菌が原因で、人に感染し体調を崩したりする事があると言われていますのでご注意下さい。

咬まれた傷から体の中に取り込まれますが、口移しで経口的に体に入れることも・・・です。

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。

アデノーボクのーウイルスがねー

「アデノーボクのーウイルスがねー」

<参考文献・HP>

清水悠紀臣他 獣医伝染病学(第5版), 近代出版, 2000, p.245-246

国立感染研究所HP (人獣共通感染症)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/route/vertebrata.html