ペット用中国産ジャーキーが危なすぎる!③まとめ②。

[2013年11月02日]

中国産ジャーキーのお話も3回目です。前回は経緯についてまとめてみました。

前回はコチラ「ペット用中国産ジャーキーが危なすぎる!②まとめです。

今回は詳しい症状とメーカーについてです。

10月28日の時点の物になります。

月日が経ってから読まれている方は最新のデータがあるかどうかの確認を願います。

~中国産チキンジャーキーのまとめ②~

<発現が予想される症状>

・元気消失

・食欲減少

・下痢(出血が認められることもある。)

・嘔吐

・多飲多尿

・腎不全

・ファンコーニ症候群(バセンジーの遺伝疾患として有名です。腎臓の機能が落ちることにより体に障害が出てしまいます。正しい治療と投薬、栄養補給により通常の生活を送ることが出来ます。)

<FDAの報告書に示されていたメーカー>

ネスレ

デルモンテ

☆そのほかにもNBCが発表したメーカーのリストがありましたが、FDAによる発表ではないので割愛。

※以上で中国産ジャーキーのお話は終わりです。また新しいレポートが出ましたら随時ご紹介していきます。

日本に入ってきているジャーキーは?原因がはっきりするまでは原産国のわからないジャーキーは与えないほうが無難なようですね。

ひょっとしたら元気が無い場合、「ジャーキー食べました?」という問診が当たり前になるかもしれません。

<参考HP>

FDA(アメリカ食品医薬品局)

http://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm371413.htm

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。

no image

no image