ペット用中国産ジャーキーが危なすぎる!②まとめです。

[2013年10月26日]

前回ご紹介しました中国産ジャーキーのお話。以前にも同様の事がありました。(アメリカにて)

このような事になるまでにはいろいろとあったようです。その辺りも踏まえて完結にまとめてみます。

~中国産チキンジャーキーのまとめ~

※FDAとはアメリカ食品医薬品局のことです。

・2007年  チキンのジャーキーを食べた犬・猫の体調異変や死亡を確認。(FDAによる発表。原因商品の原産国・メーカーは不明)

・2011年   再びFDAがチキンのジャーキーの危険性についての発表。(この時点で中国産が原因であることが判明)

・2013年6月 FDAの最新の報告

チキンのジャーキーを食べた事で何らかの症状が出たという報告数 2674件

症状が出た犬と猫の頭数 3243頭

死亡例 501頭

同年  10月 追加報告

チキンのジャーキーを食べた事で何らかの症状が出たという報告数 3000件

症状が出た犬と猫の頭数 3600頭以上

死亡例 580頭

☆FDAの報告と中国産チキンジャーキーの物に関してのみ記載です。

ぱっと出の問題ではなく、ここまで来るのにかなり時間がかかっています。未だ原因物質が判明していないために被害が拡大してしまったようです。

この辺りに企業や政治、あるいは国家間の問題を含んでいそうです。(個人的な意見ですが。)

日本に入ってきている商品もたくさんあるとは思います。その辺りどうなんでしょうか?

与えないことが一番の予防策ですね。

次回はまとめ②です。該当メーカーや詳しい症状に関して。

<参考HP>

FDA(アメリカ食品医薬品局)

http://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm371413.htm

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。

FDAの警告ポスターです。

FDAの警告ポスターです。