世界獣医皮膚科会議②猫にアトピー性皮膚炎という定義は無い。

[2013年05月18日]

世界獣医皮膚科会議シリーズ②です。

今回は猫のアトピー性皮膚炎についてです。

表題の通り、学会では「猫のアトピー性皮膚炎」と考えられていたものはどうやら違った物だった・・・ということでした。

(つまり犬や人のアトピーに似てただけで別物。)

じゃあ何かと言うことになります。それは、

「非ノミ過敏症性皮膚炎」という名称です。ややこしいですね。

決められた診断基準があります。それに従って診断された物であれば75%の特異性があるようです。

治療は・・・免疫抑制剤です。推奨されているのは「シクロスポリン」というお薬です。

コチラも猫用が発売開始されますね。

しかし、心配になるレポートも同時に発表されていました。

続きは次回にします。

画像はバンクーバーのブックオフです。あるんですね。既に閉店していましたが。

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。

こんなところにもブックオフ

こんなところにもブックオフ

投稿 渡邉将道