異物誤食まとめ②(犬編PART1)

[2012年12月10日]

犬が食べてはいけないもの

比較的頻度が高い物から列挙していきます。数が多いので短くまとめます。

「タマネギ ネギ ショウガ ニンニク ニラ ネギ属」

アリルプルピルジスルフィドという成分が溶血性貧血を起こす原因となります。血尿が出たりします。発症までには24時間から数日かかります。にんにく入りのサプリメントもやめておいた方が無難だと思います。

「チョコレート」

テオブロミンという成分が蓄積することにより神経症状や興奮、呼吸困難、下痢嘔吐などを引き起こす。苦いチョコレートや海外のチョコレートはテオブロミンが多く含まれています。

「ブドウ レーズン 干しぶどう」

原因物質はまだ分かっていません。一説には皮に着いた農薬?との説もある。腎臓に障害が起こります。食べてすぐは消化器症状、数日後に腎不全の症状が出てきます。

「キシリトール」

太らない甘さのキシリトールですが、犬猫には生かさない甘さのキシリトールです。低血糖や肝臓に障害を起こします。

「シナモン」

クマリンという物質が入っていて肝障害を起こすことが分かっています。人用のサプリメントなどに多く含まれているので注意。シナモンロールとかも犬にしたら案外な量です。

あっさりと綴るつもりだったのですが。すみません。続きは次回にします。

<参考文献>

Lee KW; Yamato O; Tajima M; Kuraoka M; Omae S; Maede YDepartment of Veterinary Clinical Sciences, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University, Sapporo, Japan.  Hematologic changes associated with the appearance of eccentrocytes afterintragastric administration of Garlic extract to dogs [In Process Citation]  Am J Vet Res 2000 Nov;61(11):1446-50 (ISSN: 0002-9645)

Paul A. Eubig, Melinda S. Brady, Sharon M. Gwaltney-Brant, Safdar A. Khan, Elisa M. Mazzaferro, and Carla M.K. Morrow  Acute Renal Failure in Dogs After the Ingestion of Grapes or Raisins: A Retrospective Evaluation of 43 Dogs (1992-2002) J Vet Intern Med 19[5]:663-674 Sep-Oct’05 Retrospective Study 57 Refs

E. M. Mazzaferro, MS, DVM, PhD, DACVECC, P A. Eubig, DVM, T. B. Hackett, DVM, MS, DACVECC, M. Legare, DVM, C. Miller, DVM, DACVIM, W. E. Wingfield, DVM, MS, DACVS, DACVECC and L. Wise, DVM, MS, DACVIMAcute Renal Failure Associated with Raisin or Grape Ingestion in 4 Dogs  J Vet Emerg Crit Care 14[3]:203-212 Sep’04 Case Report 11 Refs


夜間緊急対応 日曜祝日診察 日進市 アニウェル犬と猫の病院 渡邉でした。