下部尿路疾患 (特発性膀胱炎 尿路結石)② 猫の特発性膀胱炎概論

[2013年02月02日]

今日のブログは先日書きました下部尿路疾患の続きです。(特発性膀胱炎編)

尿路結石に関しては前項を参照ください。今回は猫の特発性膀胱炎についてです。

「猫の特発性膀胱炎」とは、明らかな原因が認められない膀胱炎です。

普通の膀胱炎は細菌感染していたり、尿路結石があったりするのですが・・・何も無いので困るんです。

症状は排尿困難、尿路閉塞、頻尿、血尿、トイレじゃない場所での排尿など。

発生率は1%未満。ペルシャ系は罹患しやすいと言われています。

また、典型的な特発性膀胱炎になりやすいネコちゃんは・・・

中年で肥満体型、去勢済、ドライフードを食べ、家の中のみで生活する多頭飼育のネコちゃんです。

特発性膀胱炎の前触れとして「陰部を舐める」、「性格がきつくなる(痛みがあったりするのでいらいらするようです。)」があります。

予防法は・・・長くなりそうなので次回に。

<参考文献>

India F. Lane, DVM, MS, Dipl. ACVIM & Joseph W. Bartges, DVM, PhD, Dipl. ACVIM, Dipl. ACVN :Vet Med 94[7]:633-641 Jul’99 Symposium 41 Refs

Danielle A Gunn-Moore:J Feline Med Surg 5[2]:133-138 Apr’03 Proceedings 0 Refs

Cameron ME, Casey RA, Bradshaw JW, Waran NK, Gunn-Moore DA:J Small Anim Pract 45[3]:144-7 2004 Mar

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。