梅雨ですね。犬と猫のアジサイ中毒

[2013年05月30日]

梅雨入りしまして、アジサイの綺麗な季節になりましたね。

今日、こんなお電話がありました。

Q「犬がアジサイを食べた後、嘔吐を何回もするのですが、大丈夫でしょうか?(大阪弁)」

A「大丈夫ではありません。至急病院へいきましょう。」

美濃加茂市の花 あじさい

美濃加茂市の花 あじさい


おそらく、大阪のアニウェル動物病院にかけたつもりだったのでしょう・・・(汗

アジサイはユキノシタ科の植物。土壌のphで色が変化する事は有名です。

この綺麗なアジサイ。僕の出身地、美濃加茂市の花でもあります。画像は美濃加茂市HPより。

人では比較的中毒物質としては有名です。もちろん動物でも中毒が引き起こされます。

アジサイの葉や茎から3種類の新規青酸配糖体が分離されましたが、それらの詳しい情報はまだ分かっていないようです。


動物の場合は・・・

<原因>

アジサイの葉、茎、蕾に含まれる青酸配糖体 Hydracyanoside A, B およびCの3種類

<症状>

下痢や嘔吐などの消化器症状、心拍数や呼吸数の増加、骨格筋の強い収縮による痙攣や麻痺など。

<治療>

対症療法。胃内に存在する場合は吐かせるか胃洗浄。

<その他>

シーボルトはアジサイの学名をHydrangea otaksaと名づけたが、これはシーボルトの愛人だった長崎の遊女お滝さんに由来していた。後にHydrangea macrophylla と同種だったことが判明。

<参考文献>

Nakamura, S. et al. 2009. The absolute sereostructures of cyanogenic glycosides, hydracyanoside A, B, and C, from the leaves and stems of Hydrangea macrophylla. Tetrahedron Letters. 50:4639-4642.

Palmer, KH. 1963. The structure of hydrangin. Can. J. Chem. 41: 2387-2389.

☆行方不明のネコちゃんに関しての情報をお待ちしております。詳しくは「猫を探しています。ことらちゃん。情報求む

夜間緊急、日曜祝日も診察対応。日進市の動物病院。アニウェル犬と猫の病院の渡邉でした。

投稿 渡邉将道