新しい家族。子犬・仔猫を迎えたら

小さなワンちゃん・ネコちゃんを家族として迎え入れた場合、新しい環境に順応できるまでには時間がかかります。その流れをスムースに運ぶ為に実践できる事をご紹介します。

予防や社会性の特徴を知っておく事でワンちゃん・ネコちゃんと人間の関係性を縮めることができ飼育が順調に進む事を期待できます。また適切な管理と対応はその後の「成長・しつけ」にも大きく影響するでしょう。

「予防編 ワンちゃん」

予防は飼い主様のワンちゃんに対する思いやり、姿勢の表れです。

また、どんな治療も予防に勝る物はありません。予防医学の大切さは人間も動物も変わりないのです。

混合ワクチン接種・狂犬病予防接種は最も基本的な予防です。また接種証明書が無いと、ペットホテル・トリミング・ドッグラン等の施設が利用できませんのでご注意下さい。

「生後六ヶ月までの予防プログラムと子犬の成長」

予防時期 予防項目 成長と発達
2ヶ月齢 初回混合ワクチン
検便(初回無料)
フィラリア予防
母乳の免疫が切れるこの頃に初回のワクチンを接種します。検便を行い腸管寄生虫の有無を確認します。フィラリア予防は必須です。

☆ヒトの存在を認識させるべき時期です。ワンちゃんに対してヒトがポジティブな存在であることを生活の中で経験させましょう。

3ヶ月齢 2回目混合ワクチン
フィラリア予防
☆社会性を学ぶ時期です。人間と共生するためのルールを学ばせ、適切な関係を築いて行きます。

周囲の環境への順応も始まります。しつけをはじめる時期としては最適です。

4ヶ月齢 3回目混合ワクチン
フィラリア予防
☆より高度な社会性を身につける時期です。家族の中での自分の位置を探り、誰がリーダーなのかを感じ始めます。

精神が発達し個性が出てくる時期でもあります。

5ヶ月
~6ヶ月齢
狂犬病予防接種
フィラリア予防
ノミ・マダニ予防
お散歩デビュー
狂犬病予防接種終了後3週間でお散歩デビューです。ノミ・マダニ予防も忘れずに。

☆精神的に独立した意志を持つようになります。またしつけのバリエーションを増やし定着を目指します。

「ワクチンの予防項目について」

混合ワクチンで予防できる感染症はワクチンの種類により異なります。どれも危険な物ばかりです。

初年度は三回接種ですが、翌年からは年に一回の追加接種で感染症から身を守る事ができます。

ライフスタイルで接種するワクチンの種類を選択すると良いでしょう。詳しくはスタッフまでご相談下さい。

予防できる病気 6種 ワクチン 8種 ワクチン
犬ジステンパー
犬アデノウイルス2型感染症
犬伝染性肝炎
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ感染症 黄疸出血型
犬レプトスピラ感染症 カニコーラ型

ワンちゃんの社会性について

ワンちゃんの場合、生後4-13週齢までが「社会化期」になります。
「社会化期」とは、自分を取り囲む環境と自分以外の動物(人間を含む)との関係性を築く時期です。

この時期に経験した事、母犬や人間との関係性などが後に子犬の性格を決定する要因となります。

甘やかせるだけではなく、不適切な行動をとった時には適度な罰を与えることにより、自らの立場を理解させ、強い物には従順させることを学習させましょう。

避妊・去勢手術について。

赤ちゃんを産ませない事を決定している場合は「避妊・去勢手術」について知っておく必要があるでしょう。

「メリット・デメリット両方の観点」や「アニウェルの考え方」について避妊去勢手術のページに詳しく説明してあります。ご覧下さい。

「予防編 ネコちゃん」

予防は飼い主様のワンちゃんに対する思いやりと姿勢の表れです。

どんな治療も予防に勝る物はありません。予防医学の大切さは人間も動物も変わりありません。

混合ワクチン接種は最も基本的な予防です。また接種証明書が無いとペットホテル等の施設が利用できませんのでご注意下さい。

室外への外出は極力避け、室内だけで飼育することが望ましいでしょう。外出するネコちゃんはノラネコちゃんと友達になったり、喧嘩をする事により「ネコ白血病・ネコエイズ」などの重篤な病気をうつされる可能性が高くなります。

また、ノミ・マダニに感染し室内に持ち込むことにより、人間がノミ・マダニに感染する恐れがあります。

「生後六ヶ月までの予防プログラムと子猫の成長」

予防時期 予防項目 詳細
2ヶ月齢 初回混合ワクチン
検便(初回無料)
ノミダニ予防
初回の3種又は5種のワクチンを接種します。検便を行い腸管寄生虫の有無を確認します。
社会性が身につきます。
3ヶ月齢 2回目混合ワクチン
ノミダニ予防
2回目の3種又は5種のワクチンを接種します。
6ヶ月齢 避妊・去勢手術
ウイルス検査
(ネコ白血病・ネコエイズ)
体も2kgを超え成熟してきます。避妊去勢手術には適切な時期です。
ネコ白血病やネコエイズのウイルス検査を行うと安心です。

「ワクチンの予防項目について」

混合ワクチンで予防できる感染症はワクチンの種類により異なります。どれも危険な物ばかりです。

初年度は2回接種ですが、翌年からは年に1回の追加接種で感染症から身を守る事ができます。

ライフスタイルで接種するワクチンの種類を選択すると良いでしょう。詳しくはスタッフまでご相談下さい。

予防できる病気 3種 ワクチン 5種 ワクチン
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫のクラミジア感染症

ネコちゃんの社会性について

ネコちゃんが家族・仲間・人間に対しての社会性を学ぶ時期はおおよそ4週齢から8週齢までです。この時期を「社会化期」と言います。(ワンちゃんよりも早くに社会性が身につきます。)

「社会化期」における環境や経験が社会性の獲得に大きく関わってきます。そして性格の決定にも影響する大切な時期と考えて下さい。

また、運動機能の発達と共に補食行動の練習も始まります。つまり離乳する時期でもあります。よってこの時期に食べた物が、後の嗜好に影響すると言われています。

避妊・去勢手術について

赤ちゃんを産ませない事を決定している場合は「避妊・去勢手術」について知っておく必要があるでしょう。

メリット・デメリット両方の観点やアニウェルの考え方について説明してあります。ご覧下さい。